読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

NPO法人バディチームブログ

バディチームは子育て支援・虐待防止・里親支援を目的とするNPO法人です。

飯田橋の由来

ひと月ぶりになります。
スタッフMです。

暑い暑い夏が終わったと思ったら、冬がもうすぐそこまで来ていますね。
私は冬生まれで、実家が長野なこともあり、冬って嫌いではないです。

さて、今月の飯田橋おすすめスポットは、
すばり、「飯田橋」で行こうと思います。

皆さんは飯田橋という名前の由来についてご存じでしょうか。
飯田橋はその昔は「飯田町」と言ったそうです。
そして、その飯田町という名前をつけた人物は、
なんとあの徳川家康なのだそうです。

家康が幕府を開く前、江戸に来た際にこの周辺を視察したそうです。
その際に家康を案内した人物が、「飯田喜兵衛(きへえ)」という住人だったとのこと。
家康は彼の案内をとっても気に入ったのでしょうか。
この辺りを彼の名をとって「飯田町」と付けるように命じ、
その後「飯田町」と呼ばれるようになったとのことです。

明治時代になって外堀に橋が架けられ、町名にちなんで
飯田橋」と呼ばれるようになって現在に至るそうです。
この飯田橋駅は駅東口をでたところに今もかかっています。
小さいので、一見するとすぐに通り過ぎてしまう橋ですが、
こんな由来を知るととても興味深いですね。
数百年前に家康もこの辺りを歩いたのだろうかなどと、
想像すると楽しい気分になります。

親切な道案内によって、数百年後にも自分の名前が残るなんて、
飯田喜兵衛さんもびっくりですよね。

では、また来月。