読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

NPO法人バディチームブログ

バディチームは子育て支援・虐待防止・里親支援を目的とするNPO法人です。

里親さんについて学ぶ「スタッフOの日記」

社会的養護(里親・児童養護)

4月19日(日)、いよいよ
社会的養護が必要なこどもたちへの支援と
里親さんについて学ぶをテーマとした講座
が開催されます。

今年度バディチームでは
社会福祉法人全国社会福祉協議会
<平成21年度社会福祉事業研究開発基金助成事業>として
里親さんの支援のモデルケースとして活動させていただけることになりました。

4月19日(日)の講座は、スタッフ研修と社会への紹介活動という
2つの目的をもつ講座ですので、ご関心を持っていただける方は
どなたでもご参加いただけます。

まだまだ定員には余裕がありますので、お申し込みできます。
事前にご予約、ご連絡をいただけると助かりますが、
当日参加でも大丈夫です。

実の親が育てられない子どもたちを親代わりとして
18歳まで育てる里親さん(養育里親)。

ご縁があって、昨年から里親さんからお話を伺う機会が多くあった中で、
<やりがい>や<生きがい>を感じるというお話の一方で、
自分の子どもの子育てとは全く違う大変さがある
とお聞きすることが多くありました。

傷ついた子どもたちは、その思いを様々なかたちで表現することがあり、
その子どもたちが何か問題をおこすと「親の育て方が悪い」と言われ、
育て方で悩んでいると「好きで始めたことなのでしょう」と言われ、
里親さんは子どもを育てる大変さとは別に、
社会の理解不足による大変さも大きいということを知り、とてもショックを受けました。

里親さんを続けることが難しくなったり、
里親さん自身が心身の不調に陥ったりすることも多いと知りました。

大事な役割を担っている里親さんに対して
その物理的、精神的な負担を少しでも軽減できるような
何か次の制度につながるような動きが
バディチームのこれまでの活動経験を活かして
できないものかと考えています。

今回の講座の講師は
NPO法人東京養育家庭の会の代表理事の青葉紘宇(あおばこうう)さんと
テレビドラマ化され有名になった『ぶどうの木』の著者でもある坂本洋子(さかもとようこ)さん
というお二人の大人物です。

お二人のご紹介はまた次回に。