読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

NPO法人バディチームブログ

バディチームは子育て支援・虐待防止・里親支援を目的とするNPO法人です。

DV被害を受けたお母さんと子どもたちへ

グループワークのお誘いです。

関係者の方よりご連絡をいただきまして
参加者の定員に、まだ少し空きがありお申し込み可能ということです。
以下、案内チラシより、です。

DV被害を受けたお母さんと子どもたちへ
グループワークへのお誘い

NPO法人RRP研究会・武蔵野大学心理臨床センター子ども相談部門

DVによる被害は、お母さんだけでなく、子どもにも大きく影響してくることが知られています。DV被害の影響から回復しようと毎日努力していらっしゃるお母さんにとって、子どもたちへの影響は、大きなご心配なのではないでしょうか。そうした不安を解消し、安心できる母子関係を育むために、下記のようなグループワークを企画しました。このプログラムは、暴力の被害を克服し、安心できる母子関係を育むことを目的としたものです。このプログラムに参加してみませんか。

名  称  母と子のコンカレントプログラム(同時並行プログラム)
活動内容  カナダで実践されているものをモデルとし、子どもたちのグループと
お母さんたちのグループを同時並行して実施します。

活動期間  平成25年6月29日から8月10日 毎週土曜日 
午後1時30分から3時30分までの120分(全7回)
会  場  武蔵野大学心理臨床センター プレイルーム・グループワーク室
      江東区有明3‐3‐3
      りんかい線「国際展示場」駅より徒歩7分
参加者   DVの被害にあい、現在は加害男性とは別居している家族の小学2年生
      から4年生の男女とお母さん。(きょうだいでの参加は基本的にはできません。ご相談ください。)
人  数  7家族まで
参加費用  無 料(交通費は研究会から全額支給されます)
スタッフ  NPO法人RRP研究会メンバー及び武蔵野大学心理臨床センタースタッフ他
     (信田さよ子・高橋郁絵・妹尾栄一・森田展彰・春原由紀 他)


NPO法人RRP研究会(代表:信田さよ子)とは、
ドメスティック・バイオレンスの被害、性犯罪被害にまつわる様々な支援・調査・研修等の事業
行うことによって、家庭の平和と子どもの
健全育成及び男女平等の実現に寄与することを目的とし、精神科医、臨床心理士保健師などで構成される団体で、2007年12月に東京都より
認証されました。

このプログラムにご関心をお持ちの方は、FAXかメールで下記までお問い合わせください。     
こちらからご連絡しますので、ご連絡の方法やご都合をお知らせください。              
FAX番号:03‐5485‐3636/03‐5530‐3834
メールアドレス:welcome@rrpken.jp