読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

NPO法人バディチームブログ

バディチームは子育て支援・虐待防止・里親支援を目的とするNPO法人です。

体罰のない子育て、教育、実現にむけて

緊急報告会のお知らせ
体罰のない子育て、教育、実現にむけて

以下転送より
*********************

体罰が原因とされ、高校生が自死に追い込まれました。
体罰が、問題であるにもかかわらず、体罰の是非を問う議論が行われています。
体罰を問題視し、体罰禁止を訴えてきた私たちは、このような風潮に疑問を持たざるを得ず、
緊急報告会を開催することに致しました。

報告会では、体罰に潜む問題を再度確認し、体罰のない子育て、教育を実現するための施策、
体罰に依らない「しつけ教育」のあり方、今後の運動方針について説明します。

既に活動に参与、賛同いただいている皆さんの参加、
新たに活動への協力、協働をご検討いただける個人、団体の皆さんの参加をお待ちしています。

[日時・会場など]
日時:3月5日(火曜日)13:00〜16:30 (開場12:30)
定員:40名(参加無料)
場所:大正大学7号館8階オープン教室
   http://www.tais.ac.jp/other/access_map/access_map.html 
申込:不要
問合せ先:contact@kodomosukoyaka.net または、電話03−6380-5327まで
(事務所を不在にすることが多く、問い合わせについては、なるべく電子メールでお願いします。)

[プログラム]
◆基調講演 「体罰のない子育て、教育、実現に向けて」(13:00〜13:20)
 西郷泰之(大正大学人間学部教授、NPO法人ホームスタート・ジャパン代表理事)

1部(13:20〜15:20)
◆「体罰の問題性」について
 森保道(NPO法人子どもすこやかサポートネット・副代表理事、日本弁護士連合会/子どもの権利委員会・幹事)
◆「体罰禁止の効果」について
 高祖常子(育児情報誌「miku」編集長)
◆子育て、教育から体罰を無くすための具体策について−提言
 田沢茂之(NPO法人子どもすこやかサポートネット・代表理事)
◆非暴力・主体性子育て・教育のあり方について
 落合香代子(ママリングス代表、ポジティブ・ディシプリン研究会幹事)

2部(15:40〜16:30)
◆「子どもに対する暴力防止ネットワーク事業」、これまでの活動と今後の活動について
 田沢茂之

司会・進行 田沢茂之

主催:NPO法人子どもすこやかサポートネット
共催:育児情報誌miku、ママリングス
後援:
NPO法人エファジャパン、子どもの権利条約ネットワーク、
NPO法人児童虐待防止全国ネットワーク、公益社団法人セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン 
NPO法人タイガーマスク基金、NPO法人チャイルドライン支援センター、にっぽん子育て応援団