読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

NPO法人バディチームブログ

バディチームは子育て支援・虐待防止・里親支援を目的とするNPO法人です。

里親家庭の虐待を考える【2月19日シンポジウム】

シンポジウム 里親家庭の虐待を考える
〜里親家庭で子どもと里親が幸せになるために〜

 2010年8月24日、東京都杉並区の里親に委託された3歳の女の子が死亡するという痛ましい事故があり、1年後の2011年8月20日、里母が傷害致死容疑で逮捕、起訴(9月9日)されました。近々、裁判員裁判の初公判が行われるとみられます。 里親家庭における虐待死などの死亡事件は、明らかになっているだけでも、栃木県宇都宮市の3歳女児虐待死事件(2002年11月)、千葉県佐倉市の1歳男児の揺さぶり症候群による死亡事件(2006年3月)、今回の杉並事件と、4年ごとに起きています。 どの里親も、子どもを虐待するつもりで里親になるわけでないと思います。子どもが好きで、子育てをしたいとの思いから里親になります。その里親が、なぜ子どもを死なせるまでに追いつめられるのでしょうか。 杉並事件の真相に迫るとともに、愛着障害発達障害の子どもを養育するときの課題や、現在の里親制度の問題点などを、専門家の意見をお聞きして学ぶとともに、「このような事件が二度と起きないためにできること」について、参加者全員で考えていきたいと思います。

主  催  杉並事件を考える会
日  時  2012年2月19日(日)9時〜17時
会  場  こども教育宝仙大学 大学4号館
      〒164-8631 東京都中野区中央2-33-26
アクセス  中野坂上駅東京メトロ丸ノ内線都営大江戸線)地下鉄A2出口徒歩5分
参 加 費  1,000円  学生500円
申 込 み  当日会場へ直接おいで下さい。(先着200名)
保  育  10名程度 事前に保護者氏名・連絡先(電話番号)子どもの名前・年齢・性別をメールでお申し込みください。
      suginami.jiken@gmail.com
問 合 せ  杉並事件を考える会 Mail suginami.jiken@gmail.com
呼掛け人  前田信一(こども教育宝仙大学専任講師)、
      西川公明(親が育てられない子どもを家庭に!里親連絡会・川崎市養育里親)

プログラム
8:30 開場
9:00 開会
    取材報告「杉並事件の真相に迫る」
       小宮純一氏(フリージャーナリスト・元埼玉新聞記者)
    講演1「愛着障害発達障害からみた里親養育の課題」
       杉山登志郎氏(浜松医科大学特任教授)
12:00 昼休み
13:00 講演2「里親家庭の虐待から見る日本の里親制度の問題」
       津崎哲雄氏(京都府立大学教授)
    パネルディスカッション「里親家庭における虐待死を防ぐためにできること」
    参加者との意見交換
17:00 閉会

開催趣旨
 2009年12月18日の国連総会で決議された「児童の代替的養護に関する国連指針」では、「幼い児童、特に3歳未満の児童の代替的養護は家庭を基本とした環境で提供されるべきである」としています。
 また、国連の「児童に関する暴力の報告書(UN World Report on Violence Against Children 2006)」では、「3歳以下の乳幼児の施設集団ケアは国家による子どもへの暴力である」と提言しています。
 さらに、EUにおける施設養育が乳幼児に与える影響についての学術調査研究では、2,624の論文を総括し、「乳幼児期の施設養育は子どもの発達のすべての領域に害を及ぼすことが示唆されている」と結論付けています。
 先進国で3歳以下の乳幼児を施設入所させている国は日本だけです。2010年の厚生労働省調査では、親の育てられない3歳未満の乳幼児2,185名の内、里親に委託されたのは273名(12.5%)のみであり、残りはすべて乳児院に入所しています。
 愛着障害発達障害の子どもの養育は、大変難しく、正しい知識や適切なサポートがなければ、虐待につながりかねません。
今回、愛着障害発達障害がご専門で、多くの虐待された子どもたちの臨床を重ねておられる杉山登志郎先生(浜松医科大学特任教授)に、「愛着障害発達障害からみた里親養育の課題」についてお話しいただけることになりました。
 また、日本の里親制度の問題点については、津崎哲雄先生(京都府立大学教授)から話していただけることになりました。
 さらに、杉並事件の取材を精力的に続け、ルポも執筆された(保育月刊誌「ちいさいなかま」、週刊誌「週刊金曜日」)小宮純一氏(フリージャーナリスト・元埼玉新聞記者)から、「杉並事件の真相に迫る」と題した取材報告もあります。
 これらの講演、報告の後で、里親家庭における虐待を防ぐためになにができるのか、参加者の皆さまと一緒に考えていきたいと思います。ぜひ、ご参加くださるようお願いいたします。

(参考)
乳幼児が施設養育で損なわれる危険性−EUにおける乳幼児の脱施設養育施策の理論と方策−
http://foster-family.jp/tsuzaki-file/The_Risk_of_Harm_to_young.pdf
親が育てられない子どもを家庭に!里親連絡会HP
http://satooya-renrakukai.foster-family.jp/