読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

NPO法人バディチームブログ

バディチームは子育て支援・虐待防止・里親支援を目的とするNPO法人です。

「わたしたち里親家族!」を読みました

本の紹介

わたしたち里親家族!―あなたに会えてよかったわたしたち里親家族!―あなたに会えてよかった
(2008/12)
東京養育家庭の会みどり支部

商品詳細を見る

こんにちは。スタッフIです。
スタッフOさんから、「今度からやるからねー。読んでおいてねー。」
ということで、この本「わたしたち里親家族!」を手渡されました。

ようやく先日読み終わったのですが、
涙・・涙・・涙なしには読めませんでした。

私にとって印象的だったのは、
「里親をやるか、養子縁組をするか、という選択で迷われるケースがいくつかあったこと」

里親だと、里親の措置の期間というのがあって、
期間が終わると、関係なくなってしまうから、
別れがつらくなるから養子縁組のほうが・・・というお話。

最初は、「へ〜」くらいで読んでいたのですが、
読み進めるにつれて、
「ここまで子どもたちと向き合って、
情を通わせながらやってきて、
措置解除になったら、別れがきてしまうなんて、
それは、つらすぎる!」
と悩まれる理由が少しわかりました。

もちろん、ご縁があって
措置解除後も家族の一員として生活している子もいて
その子と里親さんの選択次第とわかりましたが。

里子、里親の間の親子関係だけでなく、
学校でのこと、
里親さんたちの親戚の反応、
私の想像を超えるいろんな出来事や思いがあることが
この一冊で少しわかりました。

スタッフOさんから
続けてもう1冊、参考になる本を
「はい、これもどうぞー。」
と渡されましたので、
読み終わったら、感想をアップしたいと思います。

ぶどうの木―10人の“わが子”とすごした、里親18年の記録 (幻冬舎文庫)ぶどうの木―10人の“わが子”とすごした、里親18年の記録 (幻冬舎文庫)
(2003/10)
坂本 洋子

商品詳細を見る