読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

NPO法人バディチームブログ

バディチームは子育て支援・虐待防止・里親支援を目的とするNPO法人です。

スタッフIの日記「"支援者の為のワークショップ"開講します」

こんにちは。台風ですね!
今朝は通勤中に、
強風でよろよろしているお子さんの手を一生懸命ひっぱりながら
保育園まで送っていらっしゃるお母さんの姿をおみかけしました。
通園・通学や出勤、おでかけの時間に
台風のピークがぶつかるのは少々困りますね↓

台風の発生数は例年なみだそうですが、
実感として、日本への接近数は例年より多いですよね。
地球の将来をこんなところでも考えさせられますね。

さて、すでにバディチームのHPでもご紹介していますが、
6月7月はバディチーム関連の講座やワークショップが目白押しです。

先週〜今週にかけて、発送作業をしています。(Oさん、Hさん、お疲れ様です!)
会員や過去の講座ご参加者には
お手元にご案内が届いている頃かなと思います。
今回は初めて私スタッフIが作成しましたので、
(センスないのにがんばりました(泣)
皆さんのチラシに対するイメージはいかがかと
個人的な思い(心配?)も持っています。
わかりにくいぞ〜!ということがあったらお気軽に教えてください。

どの講座もとても興味深く、
早速お申込みも入っているのですが、
今日は一番身近にせまったワークショップについて。

◆支援者の為のワークショップ〜自分をみつめ、人に寄り添う〜
講師 : 薦田敬子先生(全米催眠療法協会認定ヒプノセラピスト・講師)
日時 : 6月15日(日) 13:30〜15:30
会場 : RVF会議室(草月会館9階)

昨年12月、今年3月に好評開催につき、3回目の開催です。
「少人数の講座なのでとてものめりこむことができて良かったです」
「セルフカウンセリング療法、体験を通して楽しめました」
「自分の心の奥にある存在と対話が出来た気がした」
などなど、参加者からたくさんのお声をいただいています。

支援者は、相手の感情に寄添う「感情労働者」です。
自分を見つめて、セルフケアをすることは、
相手へのよりよいケアの提供につながりますよね!
子育て、介護、教育、医療・・・、お仕事で、ボランティアで、家族の方へ、
現場や従事スタイルは問いません。
あらゆる支援者に受けていただきたいワークショップです!

講師の薦田先生は、
子育て中のお母さんを対象とした講座の講師も多く務められています。
私は子育て支援の基礎講座で受講したことがありますが、
受講者一人ひとりに語りかけるような講義で
ファンが多いというのも納得!の素敵な雰囲気でした。

ぜひ一緒に勉強しましょう♪